ある意味笑えるw婚活で出会った変な男との体験談

婚活をしていると必ず出会いますよね、変な男に。

 

婚活で出会う変な男

 

ここでは私が婚活中に出会った変な男達をご紹介いたします。

欲しいのはそのギャップじゃありません

それは、友達に誘われた合コンへ参加した時の事です・・・。

4vs4の合コンだったのですが、話しかけても「ハイ」「違います」「ええ」と軽い相槌しか打たず、一切自分から話しかけてこない男性がいました。

わたし
やる気ないなら帰れよ!!!(怒)

 

と思っていました。

 

2次会の後お開きになったんですが、その男性と帰りの方向が一緒で、なんと!!!一緒の電車に乗る事になってしまいました・・・。マジカヨ・・・。

「まあ、どうせ無言だろう・・・」

と思っていたのです・・・がっ!!!

2人きりになるや否や突然饒舌になり、めっちゃしゃべり出してきたのです・・・!

 

しかも、私の手を取って「爪の形キレイだね」と言ってきたり、

何の脈絡もなく突然頭をポンポンして「女の子ってこーゆーの好きだよね」と言ってきたり・・・。

大勢だと無口なのに、2人きりだと調子に乗って口説き出してくる男・・・

わたし
欲しいのはそのギャップじゃありませんからーーーッ!!

 

年収1,000万超えで未婚なのはワケアリ!

婚活サイトで知り合った男性ですが、「年収1,200万円」の部分に大層惹かれ、やり取りをスタートさせました。

やり取りをしたのはほんの1週間程度ですが、観たい映画の話になり「来週どう!?」と会う事になりました。

お相手は43歳のバツイチの方で、どこにでもいそうな眼鏡をかけた頭の薄いオジサンでした。

 

婚活で出会ったハゲたおっさん

 

わたし
・・・あっ・・・どうも、初めまして・・・

 

(頭の薄い相手への私の薄い反応)

 

映画の前にお茶でも・・・という事になり喫茶店へ。

いやぁ、もうビックリですよ。

何がビックリって、会った途端下ネタのオンパレードなんです。

しかも「こんな話して『ヤダー』とかないよね?いい年なんだしwww」なんて失礼ぶっこく始末・・・。

 

その後も自分の過去の栄光を持ち出してきました。

「俺ね、仕事でこの芸能人に会った事があってね!この人こういう人でね!」

「大学時代に付き合ってた彼女はスタイルが良い美人で、毎日8回くらいエッチしてたんだ!」

しょうもない話しにただひたすら

わたし
はぁ・・・そうなんですか・・・

 

と相槌を打っていました。

 

こんな男と薄暗い映画館なんて行ったら何されるか分からん・・・!

そう思い、お腹が痛いので帰ります、と告げると、

「え?そうなの?ねぇ、とりあえず今日はチューしたい。チューしたい」

映画館に行かなくて大・正・解でした。

 

頭が薄い男の人は、エロい傾向にある気がする今日この頃・・・。

いや、薄くなくてもエロいか・・・。

食事のマナーで幻滅あるある

婚活サイトで知り合った男性と、フレンチディナーに行ったんですよ。

そしたら・・・・

 

    ディナーでの出来事

  • スープをスプーンですくわず、お皿を持ち上げて直接飲む
  • バターナイフを使わず、パンをバターに直接グリグリ塗りつける
  • お肉を切るナイフの音がガチャガチャうるさく、「お皿割れた!?」と思うくらいの大音量が店内に響き渡る
  • 食べ放題のパンをウェイトレスさんが持って来てくれて、「あれと、あれと~」と手ではなくてナイフで指差し
  • もちろんクチャクチャ(クチャラー)

 

食事のマナー以外は、特に問題なかったんですけどね・・・。

せっかくの食事を共に心地よく美味しく頂けない男性とは・・・さようなら!

 

婚活で出会った食事のマナーが悪い男性

 

ファッションセンスがない=不潔!?

とある婚活パーティーでカップル成立した男性。

婚活パーティーの時はスーツを着こなし大人な男性に見えたのですが・・・。

初デートでの服装はと言うと、

 

    こんな服装

  • ハイウエストジーパンにTシャツをイン
  • しわくちゃのパーカー
  • 変な柄のマフラー
  • デニム生地のミニボストンバック

 

超ド級にセンスがなく、一目見て「あ、一緒に歩きたくない」と率直に思いました。

あとですね、爪の隙間が汚れているのです・・・。

全ての指に、なんか黒いモノがつまっているのです・・・・・(泣)

服装がダサイだけならまだ何とか耐えられたかもしれませんが、爪の不潔さに追い打ちをかけられて蘇生不能になりました。

マザコン男「もしもし?うん、大丈夫だよ、またかけるね」

婚活サイトのプロフィールがまるで履歴書のような、とても真面目な印象の男性と会う事になりました。

会ってみると「品の良いお坊ちゃん」というオーラがにじみ出ている方でした。

1回目のデートを終えて、「良い人だけど、恋愛対象ではないかも・・・?」と思いつつ、2回目のデートのお誘いが来たのでひとまず応じる事にしました。

しかし、ひとつ気になる点があって、食事の後、水族館に着いた時など、何かしらいつも電話をしているのです。

 

1回目のデートの時は「仕事かな?」とさほど気に留めていませんでしたが、さすがに2回目ともなると少し目につくようになりました。

帰り際、また電話で何か話してると思っていると、切った後こう言われました。

「ちょっとうちに寄らない?お母さんが会いたいって言ってるから」

・・・そう、今までデート中に電話をかけていた相手は、彼のお母さんだったのです。

 

婚活でマザコンの男性に出会った

 

こっ、これはリアルマザコンってやつだ・・・!!

もちろんお母さんにお会いするのを丁重にお断りして、その翌日に「ごめんなさい」メールを送りました。

「親に紹介してからプロポーズするつもりだったのに!!」となぜか逆切れメールがきました・・・。

豪邸に住んでる自慢

婚活パーティーに参加した時の事です。

40代後半くらいの男性が、挨拶するやいなや突然大きい一戸建ての家の写真を見せてきました。

「・・・えっ?これ何ですか・・・?」と聞くと男性はニヤニヤしながら「僕と結婚すればここに住めますよ」と・・・。

 

!?!?!?

わたし
そ、そうなんですか・・・アハハ・・・

 

と乾いた笑いをしてやり過ごしました・・・。

変な男と出会うのも修行の一つ!だけど効率の良い出会いが欲しい!

変な男に出会うと、消耗しますよねぇー・・・。

「こんなんで、本当にいつか結婚できるのかな・・・」

眠りにつく前に考え込んでシクシク泣いて寝付けず、翌日目の下にくっきりとクマが・・・もう最悪・・・。

なんて事、ありますよね。私は1週間の内5日はそんな感じです。

 

でも、それもこれもたった一つの大切な出会いの為の道のりに過ぎません。

 

あなたとフィーリングがピッタリ合う、
あなたの事を好きになってくれる、
未来の旦那さまが、

いつか絶っ対に現れますから!

・・・と信じて今日も今日とて婚活に勤しむ私であった・・・!

 

幸せな結婚へ向けて今日も婚活

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。